都会の中の緑豊かな鎮守の森、代々木八幡宮。勝負運・出世運・成功運の御祈願に芸能人も御用達

小田急線・代々木八幡駅から徒歩5分。

あるいは、東京メトロ千代田線代々木公園駅から徒歩5分。

こんな都心に、まるで異界のように、こんもりとした鎮守の森があります。

「代々木八幡駅」というのは、高校の通学で通っていたので、駅名としては知っていましたが、そこに大きな神社があるとは思いませんでした。

ま、高校生のときは神社に興味は無かったので。

まずは、代々木八幡駅から徒歩で向かいました。

わずか5分の距離に、こんもりとした小山のような境内がありました。

境内に入ると、まるで木々のトンネルのような、日光が遮断された静寂な雰囲気で満たされています。

その予想外の境内の広さと神聖な雰囲気に驚きでした。

はるか彼方に、本殿が見えます。

本殿に向かって左側が手水舎。

そして、休憩できる世に多くのベンチや、トイレがあります。

また、都心の神社としては珍しく駐車場も完備しています。

本殿でご挨拶。

ご祭神は、八幡宮なのでもちろん

応神(おうじん)天皇

一般的には八幡さまと呼ばれています。

古くは朝廷や武家からの崇敬をあつめ、国家鎮護、破邪顕正の神と仰がれました。

その強いご神徳から「厄除開運」の神さまとして全国で鎮守の神として祀られました。

昔の武将が戦前に必ず参拝したといわれるほど、勝負運・出世運・成功運がアップするというパワースポットです。

ご由緒に以下のように書かれています。

建暦2年(1212年)、源頼家の近習・近藤三郎是政の家来であった荒井外記智明によって創建された。頼家が修禅寺で暗殺された後、智明は武蔵野国代々木野に隠遁し主君の冥福を祈る日々を送っていたが、建暦2年8月15日の夜、鎌倉の八幡大神から宝珠のような鏡を授かり、託宣を受ける夢を見た。そこで、同年9月23日、元八幡の地に小祠を建て鶴岡八幡宮より勧請を受けたのが当社の始まりであると伝える。

そして、その境内には、都心にもかかわらず、このような代々木八幡遺跡(古代住居跡)があります。

タイムスリップでもしてきた気分です。

縄文時代からの聖地として、パワーが受け継がれているかのようです。

そして、代々木八幡宮で有名なのが、本殿の右奥にあるパワースポット「出世稲荷」。

仕事運アップの御利益を求めて、こちらに初詣に訪れる人が増えています。

出世稲荷(写真右奥)の左には、榛名社・天神社・稲荷社が並んでいます。

こちらが右奥の「出世稲荷」。

手相占いの島田秀平さん曰く、この稲荷社こそ出世運をぐんぐん上げてくれる場所だそうです。

でも、出世運をぐんぐん上がるからといって、本殿にお詣りせずに、「出世稲荷」だけではダメですよ。
まずは本殿を参拝し、そのあと榛名社・天神社・稲荷社を参拝した後に出世稲荷大明神を参拝する、というのが正しいそうです。

また、芸能人の間で「この神社の近くに引っ越すと大ブレイクする」という噂があり、芸能人がお忍びで参拝することもあるスポットです。

緑豊かで、ご神気が充満しているので、そのパワーをいただくだけでもいいのではないでしょうか。

代々木八幡宮

【所在地】

〒151-0053 東京都渋谷区代々木5丁目1−1

【交通アクセス】

小田急線・代々木八幡駅から徒歩5分。

東京メトロ千代田線代々木公園駅から徒歩5分。

【問い合わせ】
TEL:03-3466-2012

【公式サイト】

代々木八幡宮

もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする