世界最大の木造建築、奈良の東大寺

世界最大の木造建築であり、世界遺産の奈良の東大寺にやってきました。

中学の修学旅行以来です。

行きのタクシーの運転手さんも、「そういうかた多いんですよね~」と言っていました(笑)

はるか昔のせいか、まじめに見ていなかったせいか、ほとんど記憶に残っていませんでしたので、新鮮な気持ちで見れました。

うん十年ぶりに訪れましたが、で、でかい!

この大仏殿の大きさに圧倒されます。

千年以上前によくこんな大きなもの作れたなぁ~、と感慨にふけっていると、これは後から再建されたもので、創建当時の2/3の大きさなんだそうです(!)

しかも、この両サイドに、高さ100mの塔が建っていたとか。

ますますビックリです。

近づくと、はるか見上げる感じです。

ほんと、デカいです。

大仏殿の中に入ると、正面にドーンと大仏様。

高さは、14m98cm、重さ250トンです。

正式名称は「毘盧遮那仏」(びるしゃなぶつ)と言います。
毘盧遮那とは、サンスクリット語で「太陽や光」を意味します。

左手で宇宙の知恵を、右手で慈悲を表しながら、人々が思いやりの心で繋がり、絆を深めることを願っていると言われています。

西暦743年に聖武天皇によって発願され、752年に開眼供養(仏像が出来たときにその仏の目を描き、仏の力を迎える儀式)が行われました。

しかし、1180年の源平合戦、1567年の戦国時代の松平久秀の兵火により二度消失しています。

その後、首のない状態で、しばらく雨ざらしだったところ、1691年に公慶上人によって修復されたものです。

なので、胴体の部分に比べ、頭部が新しいため、頭部の色が変わっています。(黒光りしてますね)

像の左側に回ると、金ぴかの虚空蔵菩薩が鎮座されています。

そしてその左奥には、僕が好きな「広目天」の大きな木像。

たいへんな存在感があります。

そして、その奥には「多聞天」の巨大な木像。

何もかもが破格のスケールです。

巨大なものには畏怖の念を感じますね。

さて、大仏殿を出て、奈良公園に向かいます。

本来はこちらから大仏殿に向かうのが正式なのですが、今回は大仏殿の横にタクシーを着けてもらったので、参拝の方向が逆になりました。

奈良公園は、鹿、鹿、鹿…

しかも、道路の側溝は鹿で埋まっていました(笑)

鹿が可愛くて一時間くらい見てました。

でも、めちゃくちゃウ〇コ臭かったです。

東大寺大仏殿

【所在地】
〒630-8211 奈良県奈良市雑司町 雑司町 406−1 大仏殿

【交通アクセス】
JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分、
または
近鉄奈良駅から徒歩約20分
【問い合わせ】
TEL:0742-22-5511
【公式サイト】
もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする