龍に逢えるスポットシリーズ・境内中龍まみれの東京、田無神社(前編)

「龍に逢えるスポットシリーズ」のシーズン1の最終回です。

最終回に選んだのは、品川の荏原神社と並んで、東京で龍神を祀っていることで有名な田無神社(たなしじんじゃ)です。

女性の参拝客が多く、とても華やかです。

初めて参拝したのですが、見どころが多すぎて1回では紹介しきれないので、2回に分けてご紹介します。

西武新宿線の田無駅から徒歩6分。

田無神社の入り口です。

想像よりも小さかったので、えっ?と思いました。

しかし、鳥居をくぐると、広い境内が広がっています。

本殿が、はるか彼方に見えます。

手水舎までたどり着く前に、参道の右手に道祖神が祀られています。

「糸を結んだ赤いひも

良縁むすび」

と書いてあります。

だから、赤いひもがたくさん結ばれているんですね。

そして、道祖神の向かい、参道の左手には、白龍

「田無神社 五龍方位守護 ご神体

白龍

西方(南西位)の守護」

と書いてあります。

失礼ながら、おことわりしたうえで、御神体を撮影させていただきました。

立派な白龍さんです。

白龍さんのはす向かいには手水舎。

しかし、ただの手水舎ではないんです。

こちらの白龍の吐き出す水は、境内の深い井戸から汲み上げた御神水になっています。

手と口を清めた後、このお水を一口いただきました。

手水舎を出て、本殿へ向かいます。

途中にある、おみくじ処。

そして、授与所。お祭りのような華やかさです。

こんなお守りがありました。

五龍神御守りです。

  • 黒龍神:健康増進、家内安全
  • 白龍神:金運向上、良縁成就
  • 金龍神:運気向上、幸福招来
  • 赤龍神:勝運向上、成績向上
  • 青龍神:技芸向上、就業成就

あなたは、どちらをご所望ですか?

いよいよ本殿に向かいます。

とても立派な本殿です。

ご祭神は、龍神様ですから、てっきり高龗神 (たかおかみのかみ)だと思っていたのですが、意外なことに、

大国主命(おおくにぬしのみこと)

つまり、大黒様です。

でも、境内は龍だらけなんだけどなぁ、と思ったら、守護神として

金龍神として顕現されている尉殿大権現(じょうどのだいごんげん)

が祀られているのです。

すべての命の源である水と、よろずの災を祓う神を司る豊饒と除災の守護神です

とあります。

本殿で最初に目を引くのが、お賽銭箱の正面にある龍の彫刻です。

見事です。

そして、変わったことに、お賽銭箱の両脇に小さな狛犬さん。

また、お賽銭箱の上には、見事な龍の装飾。

                                           

ふぅ~、紹介しきれません。

続きは、次回ご紹介します。

田無神社(たなしじんじゃ)

【所在地】

〒188-0011 東京都西東京市田無町3丁目7−4


【交通アクセス】

西武新宿線「田無駅」北口より徒歩6分

【問い合わせ】
TEL:042-461-4442

【公式サイト】

田無神社

もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする