古くから「お多賀さん」として親しまれた滋賀の多賀大社

古くから

「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」

と言われてきました。

お伊勢(天照大神=あまてらすおおみかみ)が「お多賀の子」というのは、多賀大社に祀られているのが、天照大神の親神様の、 伊邪那岐命(イザナギ)・伊邪那美命(イザナミ)であるからです。

多賀大社は、昔から特に長寿祈願の神として信仰されてきました。

東大寺大仏殿の復興を命じられた重源さんというお坊さんが、多賀大社で延命祈願をしました。そのご利益あって寿命を20年延ばすことができ、無事大役を務めることができたということです。

境内には、重源さんゆかりの”寿命石”もあります。

さて、今回の往路は、JRの彦根駅からバスで多賀大社前まで向かいました。

当然、ひこにゃんがいました(笑)

また、バスの時刻まで10分あったので、彦根城までダッシュして写真を撮ってきました(汗)

はるか遠くに見えるのが天守閣です。

彦根駅から多賀大社までは、バスで20分くらいでした。本数は1時間に1本くらいしかありませんので、事前に調べていったほうがいいです。

バスを降りて7~8分(わりと遠い)歩くとお土産屋さんが並ぶ通りにつきます。

お土産屋さんの向かいが大鳥居になっています。とても立派です。

鳥居をくぐると、橋があります。

とても人間が渡れる角度ではありませんね。神様用です。

もちろん迂回しました。

橋の下は、このように清涼な小川が流れています。

橋の先には、門があり、門の向こう側に拝殿が望めます。

素晴らしいです。期待が高まります。

門をくぐると、とても広々とした境内が広がっていました。

左手が手水者です。とても綺麗な手水者でした。

手水者の左奥が、授与所と休憩処になっています。

いよいよ拝殿に向かいます。

その見事さに息を飲みました。

さらに近づくと、見事としかいいようのない社殿です。

さらに、近づいて、失礼してお目当てのしゃもじを撮らせていただきました。

中央右に2.5メートルくらいの「おしゃもじ」が立ててありますよね。

お守りとしてしゃもじを授ける「お多賀杓子(おたがじゃくし)」という慣わしがあるのですが、これは「お玉杓子」や「オタマジャクシ」の名の由来とされているそうです。

境内で配布されている絵馬もおたまじゃくし型でした。

さて、次は本殿の右手へ進むと、先ほど重源さんというお坊さんの延命祈願のお話に触れましたが、「寿命石」というものがあり、授与所で白い石をいただいて、自分の名前を書いて奉納すると寿命が延びるとのことです。

さらに、「寿命石」の奥には、「金咲(かねさく)稲荷神社」が鎮座されています。

とても金運に恵まれそうな縁起のいいお名前ですね。

奥に進むと、さらに鳥居のトンネルがあります。

名前からして、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ=富士浅間神社の女神様)と一瞬勘違いしたのですが、やはりお稲荷さんですから、お祀りされているのは宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)でした。

もちろんご神徳は「商売繁盛」です。

お社は新しめなのですが、とても風格を感じる立派なお稲荷さんでした。

そのほかの末社にもすべてご挨拶させていただきました。

ただし、御祭神がわからないとことが多かったです。

こちら、左側のお社が「竃神神社」と「年神神社」、左側のお社は「子安神社」で、ご祭神が木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)とありました。

お社の名前が、若干境内の案内板と異なっているかもしれません。

おまけ

帰りがけに、授与所の向かいにある境内の休憩処で、甘酒と山菜そばをいただきました。

甘酒にショウガが利いててパンチのある味でした(笑)

寺社に伺ったときは、なるべく境内が門前で飲食するようにしています。

浄化になったり、その場所でお金を使うのはいいことだと思うからです。

多賀大社

【所在地】

〒522-0341 滋賀県犬上郡多賀町多賀604

【交通アクセス】

JR彦根駅乗り換え 近江鉄道「多賀大社前」駅下車 徒歩10分

JR彦根駅乗り換え バス「多賀大社前」駅下車 徒歩10分

【問い合わせ】
TEL:0749-48-1101

【公式サイト】

多賀大社

もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする