龍に逢う旅・岡山編 2.最上稲荷奥の院への道

龍に逢う旅・岡山編 2.最上稲荷奥の院への道

最上稲荷の境内から龍泉寺を目指すのですが、その途中の最上稲荷の奥の院が見どころらしいので、まず奥の院を目指します。そのためには、最上稲荷の旧本殿をとりまくようにある七十七末社 (しちじゅうしちまっしゃ)を抜けます。本殿から旧本殿に向かう坂道の途中にある階段。八大龍王ののぼりがあるところから七十七末社に入ります。

龍に逢う旅・岡山編 1.入り口は最上稲荷

龍に逢う旅・岡山編 1.入り口は最上稲荷

米子出張の帰り道、龍に逢いたくて岡山の龍泉寺へ。 車でなくても行けるルートを探したところ、最上稲荷(さいじょういなり)の境内からの徒歩ルートがありました。 こちらは神社ではなく、日蓮宗のお寺で、正式名称は最上稲荷山妙教寺。 そして、日本三大稲荷の一社です。

役に立つ「おまじない」集(呪文編)

役に立つ「おまじない」集(呪文編)

「無くしたものが見つかるまじない」「お金が入ってくるまじない」「願望成就のまじない」「人間関係、恋愛のまじない」の呪文を紹介いたします。呪文は一番手間がかからず、お金もかかりませんね。独断と偏見で厳選してピックアップしたものです(笑)

王子稲荷とセットでお詣りしたい装束稲荷神社

王子稲荷とセットでお詣りしたい装束稲荷神社

大晦日の晩に、東国(東日本)中の神のお使いの狐が、榎(エノキ)の木の下に集まって、王子稲荷神社に初詣をする前に装束を整えたといいます。 榎の木はもうありませんが、その碑の場所に建てられたのが装束稲荷神社です。 王子稲荷神社とセットでお詣りしたいですね。

面白すぎる!軽ーいノリでコメディタッチのスピリチュアル本6選

面白すぎる!軽ーいノリでコメディタッチのスピリチュアル本6選

近年、軽快で面白く読めるスピリチュアル本が増えましたよね。読んでて笑いが止まらなくなるもの。 その急増ぶりには驚きです。 とはいっても、切り口はスピリチュアルでも、実用的というか、実生活に役立つようなものが多数出てきました。 そんな、オススメの軽ーいノリの何冊かを紹介しましょう。

東京十社の中の一社、王子神社

東京十社の中の一社、王子神社

王子稲荷神社に続き、こちらも何かと霊能者の人たちが、ブログや本で取り上げることの多い王子神社(王子権現)。 平安時代から1000年近くの歴史を持ち、東京十社の一社に数えられ、る由緒正しい神社です。ご神木の大イチョウも一見の価値あり。

江戸で人気No.1の稲荷、王子稲荷神社

江戸で人気No.1の稲荷、王子稲荷神社

何人もの霊能者の人がブログや本で取り上げていた王子稲荷神社。 しかし、不思議なことになかなかたどり着けなかったのです。 王子稲荷神社を目指して出かけると、電車で向かっている最中に、どういうわけか他の神社に参拝したくなり、急きょ目的地変更。 こんなことが2回続きました。 今回は3度目の正直で参拝できました。