大宮氷川神社は関東一の縁結びのパワースポット

JR大宮駅から徒歩15分のところにある、大宮氷川神社

武蔵国(現在の東京と埼玉)の一宮(つまり、超重要ってこと)です。

まず規模がハンパなくデカい。

大宮駅から真っすぐ東へ7~8分のところにある大鳥居。

これが一の鳥居か、と思ったら、二の鳥居だそうです。

一の鳥居は、ここから、大宮氷川神社と逆方向に800mくらい進んだところにあります。

この二の鳥居から、大宮氷川神社の境内の入り口にある三の鳥居まで、さらに800mくらいあります。

つまり、一の鳥居から境内まで、2キロ近い長ーい参道なわけです。

こんなに長い参道は見たことも聞いたことも無いです。

大宮氷川神社の規模の大きさがわかりますね。

さて、気をとりなおして、二の鳥居から境内に向かい参道を歩きます。

と、香ばしいいい香りがすると思ったら、だんご屋さんがありました。

美味そうです。

再度気を取り直して、数百メートル歩くと、ようやく三の鳥居が見えました。

三の鳥居をくぐると、そこは、どてっ広い境内です。

中央奥に見えている、赤い欄干の橋に向かいます。

橋の両サイドは、このように池になっています。

この池は、江原啓之さんが幽体離脱して龍神と会ったという場所です。

龍が棲んでいるんですね。

橋を渡ると、左側に手水舎があります。

手水舎は大きく、よく整備されていました。

さて、手水舎の先は、立派な桜門です。

桜門をくぐると、目の前が大きな神楽殿です。

拝殿には、この神楽殿を回り込んで行く必要があります。

右から回り込んで行くと、右側に授与所があります。

綺麗な授与所ですね。

先に進むと、正面に大きな拝殿が見えます。

拝殿の向こう側に本殿はあります。

創建は、なんと2400年前だそうです。

ものすごい歴史ですね。

ご祭神は、

須佐之男命(すさのおのみこと)

荒れすさぶ嵐、荒魂(あらみたま)を象徴する男神。
道を切り拓く活力で発展をもたらしてくれる神です。


稲田姫命(いなだひめのみこと)

須佐之男命と夫婦になった女神。
稲作をもたらし、農業を創ったとされています。
須佐之男命と稲田姫命は、結婚運、家庭運をもたらす、縁結びの夫婦神です。


大己貴命(おおなむちのみこと)

大地を象徴する、国作りの男神。
大国主命(おおくにぬしのみこと=大黒様)と同一神です。
さらに、以下の多くの別名を持ちます。
 ・大国主神
 ・八千矛神・葦原色許男神
 ・大國魂大神・宇都志国玉神
 ・幽冥主宰大神
 ・所造天下大神・杵築大神
 ・大物主神

氷川神社は、出雲出身の一族が開いたとされ出雲の神が祀られています。

出雲大社が縁結びの神として信仰されているように、大宮氷川神社も縁結びや結婚の神様です。

もちろん、男女の縁結びだけではありません。

人間関係を円滑にして、人とのご縁を結んでくれるので、仕事関連の縁をお願いしてもOKですよ。

また、全国に約280社ある氷川神社の総本宮です。

初詣参拝者数は全国ベスト10に入り、200万人超が訪れます。

大宮氷川神社

【所在地】

〒330−0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1丁目407


【交通アクセス】

JR大宮駅東口から徒歩約15分

東武野田線北大宮駅から徒歩約15分

【問い合わせ】

TEL:048-641-0137

【公式サイト】

http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/


神社・お寺巡りランキング
スポンサーリンク

シェアする

フォローする