鉱山・金属業の総本宮として古くから信仰を集める岐阜の南宮大社

岐阜は関ケ原の近く、南宮山の山麓に鎮座する南宮大社(なんぐうたいしゃ)にやってまいりました。

美濃国一の宮です。

南宮大社は、社伝によると崇神天皇の時代(紀元前97年~紀元前30年)に創建されたとされ、慶長5年(1600年)の関ヶ原合戦の兵火によって焼失したものを、寛永19年(1642年)、春日の局の願いにより 三代将軍徳川家光公が再建したものです。

さて、JRの東海道本線垂井駅から徒歩7~8分くらいで、この大鳥居が現れます。

神社は、大鳥居から徒歩3~4分のところにあります。

広々とした境内です。

この入り口のところに鳥居が無いのが意外でした。

先に進むと、立派な楼門があり、楼門の手前には、見事な石輪橋が架かっています。

急な橋ですね。人用ではなく神様用です。

楼門から中を覗くと、立派な高舞殿と、その先に拝殿が見えます。

楼門の内側(拝殿側)には、個性的な木製の狛犬が鎮座しています。

楼門を抜けると、とても広々した境内が広がっていました。

入って左手が手水舎です。

個性的な龍さんですね。

後ろ姿が珍しかったので写真に収めました。

手水舎から、改めて高舞殿と、拝殿を眺めます。

それにしてもきらびやかですね。

和様と唐様を混用した独自の「南宮造」だそうです。

高舞殿の軒部分には、ぐるりと十二支が彫ってあります。

いよいよ拝殿です。

ご祭神は、

金山彦神(かなやまひこのかみ)

鉱山を司どり、また荒金を採る神とされ、鉱業・鍛冶など、金属に関する技工を守護する神さまです。

そのため、境内には、このような金物が奉納されています。

また、同じご祭神を祀る京都の御金神社が金運上昇のパワースポットとして注目されたことから、最近は、こちらも金運のパワースポットと言われるようになりました。

さて、拝殿の左右には長い回廊が伸びています。

そして、回廊の内側には、本殿のほかに、このように樹下社、高山社、隼人社、南大神社、七王子社の五社が祀られています。

すばらしいお宮でした。一見の価値ありです。

ゆっくり参拝出来て嬉しいなぁ、と思っていると、上空に龍を思わせる雲が。

いや~、めでたいめでたい。

南宮大社(なんぐうたいしゃ)

【所在地】

〒503-2124 岐阜県不破郡垂井町宮代1734−1


【交通アクセス】

JR東海道本線垂井駅から徒歩12分

【問い合わせ】
TEL:0584-22-1225

【公式サイト】

南宮大社

もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする