ドラマ「黒革の手帳」に出ていた渋谷・金王八幡宮に行ってみた

ドラマ「黒革の手帳」(武井咲バージョン)に見慣れない神社が出ていました。

主人公・原口元子(武井咲)が、勝守りを授かるところです。

調べたら渋谷駅から徒歩数分のところにある金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)だということがわかりました。

東京23区内の神社はすべて把握しているつもりでしたが、この神社は知りませんでした。

渋谷駅の間近に、このような大きな神社があるとは驚きです。鳥居をくぐると、すぐ神門があります。門を抜けると眼前に広い境内が広がっています。

神門を入って左手が手水舎。

龍の手水舎でした。

手水舎のすぐ、斜め右後ろが嶽神社(みたけじんじゃ)です。

ご祭神は、

櫛眞知命(くしまちのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)
少名毘古那命(すくなひこなのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)

で、「開運」「商売繁昌」の神として、特に客商売を営む人々の信仰を広くあつめており、本社は武州御嶽神社です。

ということは、あの狼が眷属の東京都青梅市の武蔵御嶽神社の分社のようです。

しかしこちらは狛狼ではなく、狛犬が守っていました。

ちなみに、日本三御嶽と呼ばれる三か所の御嶽がありまして、

長野・岐阜両県境の御嶽神社(木曾の御岳)を「雪の御嶽」

山梨県甲府市・金櫻神社(甲州御岳)を「花の御嶽」

青梅市の武蔵御嶽神社(武州御岳)を「月の御嶽」

と称します。

さて、次は、御嶽神社の右隣、玉造稲荷社です。

お稲荷さんなので、ご祭神は、言わずと知れた宇賀御魂命(うがのみたまのみこと)。

農耕の神です。

さて、いよいよ本殿です。

非常にきらびやかな本殿です。

ご祭神は、八幡様なので、

応神天皇(おうじんてんのう)

源氏の神であり、武運の神です。

それと、特に交通安全、子授け、出世にご利益があります。

それにしても、本殿の彫刻が見事です。

また、境内の隅っこ。神門を入って右手に金王丸御影堂があります。

ご祭神は、渋谷金王丸常光で、源義朝・頼朝の家来だった武将です

この金王八幡宮の名前の由来となった人物です。

金王丸は知る人ぞ知る英雄で、澁谷界隈ではとても人気があります。市川染五郎が中心となって「渋谷金王丸伝説」という公演を毎年行っているほどです。

渋谷駅から徒歩数分の位置にあって、都会のオアシスのようです。

立派なご神木もありました。

     

こちらの神社は、渋谷の真ん中ということもあるのか、イベントに力をいれており、ビギンなどのライブが開かれています。

金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)

【所在地】

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目5−12

【交通アクセス】

JR渋谷駅新南口から徒歩7分

【問い合わせ】
TEL:03-3407-1811

【公式サイト】

http://www.geocities.jp/ynycr674/

もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする