鉄砲も宝くじも皆中(みなあたる)の皆中稲荷神社

今日の新大久保は、ちょうどゴールデンウィークの昼時だったこともあり、何十店もの韓国料理店に並ぶ人の列でごった返していました。

でも、韓国語や中国語が多かったので、外国人観光客が多いのかも。

人混みをかき分け、新大久保駅近くの皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)に行ってきました。

ここは、「皆中=みなあたる」ということから、宝くじの願掛けをする人々に大人気です。

また、宝くじだけでなく、「当たる」「当選」などの勝運向上を示すご利益があるとされ、試験などの合格祈願にたくさんの人々が訪れています。

さて、皆中稲荷神社は、JR新大久保駅から徒歩1分のところにあります。

鳥居をくぐると、左手に手水舎があります。

写真右奥が、境内の一番奥です。

つまり、境内が細長いのです。

手水舎は、小さくちょっと古そうですが、奇麗に整備されています。

さらに、境内の奥に進むと、左手に授与所があり、さらに奥に本殿があります。

本殿です。

稲荷神社なので、狛狐かと思ったら狛犬でした。

この神社、全体的に稲荷神社っぽくないです。

本殿の前には、宝くじ当選や、受験の合格祈願の絵馬がたくさん掛けられていました。

本殿前から入口方面を撮ったショット。ここだけ狐像がありますが、他は狛犬でした。

授与所にはたくさんの種類のお守りが。

”「百発百中」

宝くじ的中・勝運祈願

根付と御守りのセット

2000円”

とあります。

でも、祈願をするなら絵馬(1000円)が一番いいそうです。

この神社の創建は、天文二年(1533)にさかのぼります。

この地には、徳川幕府の「鉄砲組百人隊」が駐屯していました。

(なので、このあたりの地名が新宿区百人町です)

ある鉄砲組の武士が、射撃が上手くならず悩んでいたところ、夢に稲荷之大神が現れました。

そこで、翌日、当社を参拝し、射撃に臨んだところ百発百中。

これを見た他の旗本たちも、参拝して射撃に臨むと、ことごとく命中。

この霊験が評判になって、鉄砲組からの信仰はもちろん、射撃のみでなく様々な願い事をする参拝者が増えて、「皆中(みなあたる)の稲荷」と称えるようになり、それ以後「皆中稲荷神社」と称されるようになりました。

現在では、多くの人々が、宝くじやロト6などの当せん祈願に訪れます。

なお、この神社には猫がたくさんいるという噂を聞いてきたのですが、

残念ながら今日は出会えませんでした。

皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)

【所在地】

〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目11−16


【交通アクセス】

JR新大久保駅より徒歩1分

【問い合わせ】

TEL:03-3361-4398

【公式サイト】

http://kaichuinari-jinja.or.jp


神社・お寺巡りランキング
スポンサーリンク

シェアする

フォローする