くじけそうな時に力になってくれる岐阜の伊奈波神社

岐阜駅から市内循環バスで10分のところにある伊奈波神社(いなばじんじゃ)に行ってきました。

伊奈波山の中腹に建つ、とても大きな神社です。

くじけそうになったときに助けてくれる」という、ちょっと変わったご利益があります。

また、「勝負のエネルギーを授けてくれる」とか。

もちろん、家内安全、商売繁盛、初宮詣、七五三詣、安産、交通安全、土建、水利などの参拝も多いようです。

摂社、末社の数も多く、膨大な数の写真で紹介しきれないので、泣く泣く大幅にカットしました。

ただし、こちらの末社である黒龍神社は、特に存在感があったので「龍に逢える」シリーズで別途紹介させていただきました。

境内への入り口は、とても広々していて、広い石畳で綺麗に整備されています。

大鳥居をくぐってしばらく上ると、ようやく社務所や第二の鳥居がありました。

第二の鳥居の手前には、とても珍しい狛龍さん。

さらに進むと、とても湾曲が急な石橋があります

とても、人が渡れるものではなさそうと思ったら、どうやら神様用のようです。

石橋の右隣には、手水舎。

多めの柄杓です。

柄杓の数で、だいたいどれくらいの人が参拝に訪れるか想像がつきますね。

お清めを済ませたら、楼門へ続く階段を上ります。

楼門をくぐると、ちょっとした広場になっていて、目の前にさらに拝殿に上る階段があります。

この広場には見どころがあります。

広場の左奥には、

伊奈波神社は日本全国にあるパワースポットの一つとして紹介されています

何かにくじけそうになったとき、力になってくれる

という、看板があり、その奥に…

御足台石

こちらのご祭神の五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)が、長良川(鵜飼いで有名ですね)を船で渡った際に、対岸に降り立ち御足台にされた石です。

そして、「烏帽子岩

要約すると、当神社の旧鎮座地に古くから烏帽子に似た岩があり、それが信仰の対象になっていた。当神社の造営にあたり、それに似た岩が出土したので、こちらに安置されている。

とのころです。

「じゃ、ほとんど関係ないじゃん」というツッコミは無しね。

そして、楼門をくぐった先の広場の右側には、小さな滝が。

小さいのですが、気が良くて「ほぉ~」と感心してしまいました。

さて、いよいよ拝殿に上がります。

こちらが拝殿です。

こちらの祭神主神は

五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)

垂仁天皇の第一皇子です。

配祭神 として

淳熨斗媛命(ぬのしひめのみこと)

主神の妃君

日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)

主神の母君

彦多都彦命(ひこたつひこのみこと)

主神の外祖父

物部十千根命(もののべのとちねのみこと)

主神の功臣

が祀られています。

格子の隙間から本殿を撮影させていただきました。厳かな雰囲気です。

拝殿から振り返ると、眼下に見事な楼門が見え、その向こうに岐阜の市街が見えます。

また、たくさんの末社、摂社が祀られています。

黒龍神社以外としては、

こちらに「和歌三神社・須佐之男神社・天満神社・東照宮」が合祀されています。

こちらが楓稲荷神社

そして、楓神社の脇から石段を上ったところにある吉備神社

こちらのご祭神の吉備津彦命(きびつひこのみこと)は、服飾繊維、和洋裁、手芸の守護神として名高く、針塚があります。

吉備神社から境内を見下ろしたところです。

楓稲荷神社の鳥居と、奥に社務所、結婚式場が見えます。

そして、  このあたりではよく目にする金山彦命(かなやまひこのみこと)を祀る金山神社

鉱山、鉄の神様です。

金運をもたらしていただけるとも言われています。

そして、 迦具土神(かぐつちのかみ)を祀る秋葉神社。火の神、鍛冶の神として信仰されています。

そして、大鳥居の外側の池にあるのが、大山咋神(おおやまくいのかみ=山の地主神。また、農耕、治水を司る神)と市杵島姫命(いちきしまひめのみこと=弁天様)を祀る松尾神社です。

今回紹介しきれなかった末社の神様ごめんなさい。

 

伊奈波神社(いなばじんじゃ)

【所在地】

〒500-8043 岐阜県岐阜市伊奈波通1丁目1

【交通アクセス】

JR岐阜駅、名鉄岐阜駅からバス10分、徒歩10分。

【問い合わせ】
TEL:058-262-5151

【公式サイト】

http://inabasan.com

もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする