龍好きにはたまらない!龍の天井画が見事な広尾稲荷神社

今日は、セレブな街、広尾にやってきました。

東京メトロ日比谷線・広尾駅から徒歩2分のところに広尾稲荷神社はあります。

f:id:magumagu7:20170429185705j:plain

こじんまりした境内です。

無人社ではなく社務所があり、お守りやお札を授与していただけます。

f:id:magumagu7:20170429185859p:plain

まず、左の狛犬さん。

堂々としていますね。

比較的、犬らしいお姿です。

f:id:magumagu7:20170429191003p:plain

次に、右の狛犬さん。

立派です。

f:id:magumagu7:20170429191027p:plain

狛犬さんの間を通り、手水舎へ向かいます。

f:id:magumagu7:20170429190002p:plain

水の綺麗な手水舎です。

小さな神社で、ごく稀にですが、あまり水が綺麗でないところがあります。

でも、ここは大丈夫。

別の角度から

f:id:magumagu7:20170429190134p:plain

これが、ほぼ境内の全景のようなものです。

カメラを向けている背後は社務所です。

そして、本殿に進みます。

f:id:magumagu7:20170429190341p:plain

あ、ご神体の鏡が写ってしまっています。

神様すみません。

普段は、ご神体が写らないようにしているのですが、

どのアングルからも写りこんでしまいます。

しかし...

後から調べたところによると、ご神体は、木造翁の立像だそうです。

いずれにしても、ご神体、鏡は写真に写らないようにしたほうがいいですね。

それと、他の記事もすべてそうですが、

写真は、本殿に手を合わせ、

「写真を撮らせてください」

とお願いしてから撮らせていただいています。

だって、普通、人の家で勝手に写真を撮らないでしょ。

神様と接するのも、人と礼儀を持って接するのも、基本同じです。

ですので、撮った写真の順序はバラバラですが、

ブログにする際に、鳥居からの道順に並べています。

本殿の装飾が龍でした。かっこいい。

f:id:magumagu7:20170429190416p:plain

そして、本殿で手を合わせた後、待望の龍の天井画と対面。

f:id:magumagu7:20170429190716p:plain

すごい見事でしょ。

龍好きにはたまりませんね。

日本画の先駆者、高橋由一画伯の大作です。

港区指定文化財となっています。

高橋由一画伯が、油絵制作に取り組む以前に、水墨画の技法により描いた日本画最後の作です。

1845年(弘化2年)に、青山から麻布一帯を焼いた「青山火事」によって社殿を焼失しましたが、2年後に再建されました。

そのときの作と考えられています。

こちら広尾稲荷神社は、

1698年(元禄11年)3月28日、

徳川将軍家の別荘「富士見御殿」の落成とともに勧請されました。

ご祭神は、倉稲魂神(うかのみたまのかみ)

ご神体が木造翁の立像になっており、

商売繁昌、五穀豊穣、火防守護の神として信仰されています。

総本社は、伏見稲荷大社(京都府)です。

広尾稲荷神社

【所在地】

〒106-0047 東京都港区南麻布4丁目5

【交通アクセス】

東京メトロ日比谷線・広尾駅から徒歩2分

【問い合わせ】

TEL:03-3444-3467

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

パワースポットランキング

シェアする

フォローする