縁結びのパワースポット、上野公園の花園稲荷神社

今回は、伊藤三巳華さんの『スピ☆散歩』でも紹介されていた、上野公園の花園稲荷神社です。

仕事上の縁結びのお願いに、参拝させていただきました。

新宿の花園(稲荷)神社とは別物です。

人の多い上野公園の中では、少し目立たないのですが、立派な赤鳥居です。

赤鳥居のトンネル。

お稲荷さんらしい参道です。

少し進むと、階段を降りるようになっています。

境内が一段低い場所にあります。

さらに赤鳥居をくぐり…

参道が終わり、ここから境内といった感じです。

こちらが本殿。

なかなか立派な社殿です。

参拝者も多く、途切れることはありませんでした。

御祭神は、お稲荷さんなので、倉稲魂命(うがのみたまのみこと)

五穀豊穣の神様ですね。

お稲荷さんの本社は、有名な京都の伏見稲荷大社です。

このお稲荷さんは、渡来人の秦氏(はたうじ)が持ち込んだものと言われています。

渡来人と聞くと、朝鮮半島や中国からと思いますよね。

しかし、一説によると、ユダヤ人とされています。

トンデモ説に聞こえますが、最近、よく耳にします。

興味のある方はググってみてください。

もちろん、数か月で渡ってきたわけではなく、部族単位の大所帯で何世代もかけて渡来したため、途中で中国などアジアの血が混ざってきたのでしょう。

交通機関が発達していない当時を思うと、ヨーロッパから日本へ移住というのはありえなさそうですが、数十年や数百年のスパンで考えれば、ありえるのかもしれません。

秦氏は、常に政治的中枢におらず、土木建築や絹、薬のエンジニア集団として、経済的な成功のみ追及してきたようです。ユダヤ人らしいですね。

なので、中国大陸や朝鮮半島に定住することもなく、常に異邦人で居続けたようです。

そして、3~4世紀に1万人ほどの大所帯で日本にやってきました。

京都の太秦が本拠地だったようです。ちなみにウズマサとは「処刑された救世主」を意味するそうです。まんまイエス・キリストじゃないですか。(ウズマサはチベットの言葉で「第一の都市」を意味するという説もあります)

関東にもやってきました。その名残が地名に残っています。

神奈川県の秦野市です。

また、秦氏の末裔とされている家系としては、雅楽の東儀家、総理大臣を出した羽田家などです。

稲荷の語源とも言われているINRIとは、景教(東アジアに伝わったキリスト教)で「ユダヤの王・ナザレのイエス」を意味するそうです。

伏見稲荷が建てられたときは、イエス・キリストが祀られていたりして。

世界は、現代人が考えるより、ずっと狭かったのかもしれませんよ。

現在のように稲荷神社に狐が祀られるようになったのは、8世紀に空海が広めたようです。

さて、話がそれましたが、ここ花園稲荷には、もう一つ見どころがあります。

旧跡の穴稲荷です。

天海が寛永寺を建てる際に、忍ケ丘の狐が住処を失うのを憐れんで建てたそうです。

写真は結構明るめに写っていますが、ちょっと薄暗いです。

一人で入ると、怖く感じるかたもおられるかもしれません。

伊藤三巳華さんの『スピ☆散歩ぶらりパワスポ霊感旅 2 (HONKOWAコミックス) 』でも、ディープに紹介されています。

興味のある方はぜひどうぞ。

花園稲荷神社

【所在地】

〒110-0007 東京都台東区上野公園4−59

【交通アクセス】

JR上野駅公園口から徒歩5分

もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする