行った気になれる伏見稲荷大社詳細レポ 6.稲荷山からの下山・頂上から薬力社へ

前回の続きです。

稲荷山登頂を果たしたので、今度は、上ってきたルートとは別のルートで下山します。

こちらのルートも、

  • パワースポットの「御剣社」
  • 病気平癒の「薬力社」
  • 眼病治癒の「眼力社」

などの見どころがあります。

こちらが、頂上から見た下山路です。

ちょっとまばらな鳥居のトンネルをくぐって、降りていきます。

頂上から10分ほどで、末社が密集しているエリアに到着しました。

ひときわ存在感のあるこの社、「御剣社(みつるぎしゃ)」です。

長者社」とも呼ばれています。

ご祭神は、加茂玉依姫(かものたまよりひめ)

こちらの社の裏にある御剣石が、御剣社の御神体だとか。

御劔石に触れるとご利益があるとのことです。

パワースポットであると評判です。

(すみません。写真を取り損ねました。)

御剣社のまわりは、大小さまざまな祠があります。

独特の雰囲気です。

さらに、下山すると、「イノシシ注意」の掲示板。

こんなに人里近くても出没するんですね。

さらに、下っていくと、またまた末社が密集したエリアがありました。

その中でも水音が聞こえてくる場所があります。

薬力の滝行場」と書いてありました。

入ってみることにします。

奥に進むと、このようなささやかな滝行の場が。

よく見ると左上に不動明王の石像があります。

神仏習合の名残か?

参道に戻ると、ちょっとした広場になっていて、茶屋もあります。

滝行の場の隣は、「薬力社」がありました。

こちらの薬力大神は、無病息災・身体健全のご加護があると言われています。

おじいさんが一人黙々とお祈りしていたのが印象的でした。

こちらは内部です。

神道とも仏教ともつかない、変わった雰囲気でした。

こちらの薬力社からは、ご神水が湧いています。

この水で薬を飲むとよく効くと言われたり、発熱の時にこの水で頭を冷やすと熱が下がると言われています。

なんと、先ほどの茶屋、薬力亭にはご神水を使ったメニューが。

ご神水で淹れた「ご神水コーヒー」や、ご神水でゆでた「健康たまご」です。

何人もの参拝者が茶屋のベンチで休憩していましたが、これがお目当てだったようです。

試しとけばよかった...

今回はここまで。

次回「7.稲荷山からの下山・御膳谷から眼力社へ・目が良くなる祈願はこちら」へ続きます。

伏見稲荷大社

【所在地】

〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68

【交通アクセス】

JR奈良線・稲荷駅下車 徒歩直ぐ
京阪本線・伏見稲荷駅下車 徒歩5分

【問い合わせ】
TEL:075-641-7331

【公式サイト】

伏見稲荷大社

もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする