行った気になれる伏見稲荷大社詳細レポ 4.稲荷山頂上を目指す・熊鷹社から絶景ポイントへ

前回の続きです。

ディープな神域に突入してからほどなく、茶屋のあるところに出ました。

「ほぉー、こんなとろにも茶屋があるんだ」と思ったら、後に、この先も頂上までたくさんあることを知りました。

おそらく、ずっと昔から休憩処が整備されているのでしょう。

でも、荷物を山に上げるのは大変だろうなぁ。

写真右奥が末社の「熊鷹社」です。

神道とも仏教ともつかない独特な雰囲気です。

熊鷹社の裏は小さな池になっていました。

このとおり熊鷹社の前は、人でごった返しています。

浴衣と下駄の人もいてビックリ。

下駄じゃきついでしょ。山だよ。

さらに、頂上を目指して進みます。

分岐路に出ました。

三ツ辻」と呼ばれているところです。

ここから左に行くと下山路。

もちろん、右の頂上方面に向かいます。

進むと、また茶屋があります。

さらに進みます。

またまた茶屋があります。

頂上まで、「鳥居」、「茶屋」が交互に現れる感じです。

たいてい茶屋の前は、ちょっと大きめな末社があります。

さらに進みます。

階段がきついです。

いや、斜度は緩やかなのですが、ここまでで結構太ももにきました。

いきなり、右側の視界が開けて、京都が一望できました。

疲れが吹き飛びます。

さらにちょっと進むと、開けた分岐路に出ました。

茶屋も何軒かあります。

四ツ辻」です。

「四ツ辻」は、展望台のようになっていて、先ほどのポイントよりももっと京都を一望できます。

ちなみに、「四ツ辻」にあった地図。

地図の中央が「四ツ辻」です。

頂上までは、まだまだありそうです。

ここから頂上へは、右回りと左回りの2ルートあります。

今回、右回りで行くことにします。

右回りルートへの道は、このように2軒の茶屋の間にあります。

地図を見ていなければ、うっかり見落として別の方向に進んでしまうところでした。

今回はここまで。

次回「5.稲荷山頂上を目指す・頂上に到着!」へ続きます。

伏見稲荷大社

【所在地】

〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68

【交通アクセス】

JR奈良線・稲荷駅下車 徒歩直ぐ
京阪本線・伏見稲荷駅下車 徒歩5分

【問い合わせ】
TEL:075-641-7331

【公式サイト】

伏見稲荷大社

もしお役にたてたら、ポチっとお願いします。


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする