読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様とお近づきになる

実際に足を運んだ神社仏閣やパワースポットのレポートや、読んで面白かったと思う精神世界の本などを紹介。

都内で最も古いお稲荷さん 上野の下谷神社

上野駅から徒歩6分の下谷神社(したやじんじゃ)。

奈良時代に創建された東京で最も古いお稲荷さんです。

東京メトロの駅名「稲荷町」はこの神社に由来します。

f:id:magumagu7:20170418142115j:plain

上野駅から近いのに、静かでここだけ異世界のようです。

 

鳥居をくぐると、すぐ門があります。

f:id:magumagu7:20170418142138j:plain

 

 門をくぐると、すぐ本殿です。鳥居から本殿までさほど距離がありません。

しかし歴史を感じさせるたたずまいです。

f:id:magumagu7:20170418142200j:plain

 

ご祭神 :大年神(おおとしのかみ)

お正月を迎える神様です。

年の変わり目にやってきて、豊作を約束し、家の安泰や繁栄を見守ってくれる豊穣の神様です。

スサノオと神大市比売(かむおおいちひめ)の間に生まれました。

両神の間の子にはほかに宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)がいて(つまり大年神の弟)、こちらが一般的にお稲荷さんとして親しまれている穀物神です。

配祀祭神 :日本武尊(やまとたけるのみこと)

第12代景行天皇の子。

熊襲(現在の熊本県と鹿児島県の辺り)征討

東国(現在の東北地方...諸説あり)征討

を行なったとされる、日本古代史上の伝説的英雄です。

 

※「配祀」とは聞き慣れない言葉ですが、

 「こ神社の主祭神にそえて,その神と縁故のある他の神をまつること。」

 です。

 

この二神は、「商売繁盛」「家内安全」にご利益があると云われています。

 

f:id:magumagu7:20170418142210j:plain

ライオンのような狛犬。

 

また、境内には、「隆栄稲荷神社」という末社があります。

ご祭神は、宇迦魂命(うかのみたまのみこと)で、「家内安全、商売繁盛の守護神」とあります。

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)と同一神ですね。

微妙に漢字が違ったり、同一神でも複数の名前があったりややこしいですね。

f:id:magumagu7:20170418142321j:plain

 隆栄稲荷神社のお社。

f:id:magumagu7:20170418142235j:plain

 稲荷神社にはよくある、眷属(神の使い)のキツネさんのコーナー。

怖いという人も結構おられますが、僕は好きですよ。

(石の)キツネさんには必ず挨拶します。

f:id:magumagu7:20170418142256j:plain

 

この下谷稲荷社というのは、下谷神社の古い名称です。

明治5年以前は「下谷稲荷社」が正式名称でした。

f:id:magumagu7:20170418142310j:plain

 

その他、境内には寄席発祥の碑や、正岡子規の俳句の碑、そして、社殿の天井画は横山大観の作など見どころがあります。

上野にいらした折は、ぜひ立ち寄られてはいかがでしょうか?

  

下谷神社

【所在地】

〒110-0015 東京都台東区東上野3-29-8

 

【交通アクセス】

 JR山手線 上野駅 徒歩6分
地下鉄 銀座線 稲荷町駅 徒歩2分
大江戸線 新御徒町駅 徒歩5分
都営バス 下谷神社前 徒歩2分

 

【問い合わせ】

下谷神社社務所
TEL : 03-3831-1488 (受付時間 : 9時~16時)
FAX : 03-3831-1544

 

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

神社・お寺巡りランキング