読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様とお近づきになる

実際に足を運んだ神社仏閣やパワースポットのレポートや、読んで面白かったと思う精神世界の本などを紹介。

関東厄除け三大師の一つ 西新井大師

関東厄除け三大師の一つである西新井大師に行ってきました。

正式には、總持寺(そうじじ)という真言宗のお寺です。

弘法大師空海が関東巡錫(じゅんしゃく=僧が各地をめぐり歩いて教えを広めること)の途中、西新井を通った際に、本尊である観音菩薩のお告げを聞き、本尊の十一面観音を彫り天長3年(826年)に寺院を建立したことに始まるとされます。

創建が1200年も前なんですね。

 

参道を行くと、商店街のならぶ奥に、山門が現れます。

f:id:magumagu7:20170416222100j:plain

山門を入ってすぐ左側に塩地蔵がありました。

f:id:magumagu7:20170416222344j:plain

塩まみれですね。

特にいぼ取りに霊験ありと伝えられています。

なんで、こんなに塩まみれかといいますと、お堂内の塩をいただき、功徳があるときに倍の塩をお返しするということです。

 

年季の入った手水舎です。

f:id:magumagu7:20170416222524j:plain

 

さらに進むと藤棚と池があります。

藤がピークのときは綺麗でしょうね。ちょっとピークを外れていたので残念です。

f:id:magumagu7:20170416222604j:plain

池を挟んで鐘がありました。鐘楼堂といいます。

もちろん、大晦日の深夜零時から新年を迎える鐘の音が響きます。

f:id:magumagu7:20170416222722j:plain

さらに進むと本堂です。

f:id:magumagu7:20170416222901j:plain

大きいですね。大本堂といいます。

昭和47年に再建され、ご本尊 十一面観音弘法大師をまつっています。

本堂内で写真が撮れないので、中の様子をご紹介できず残念です。

お寺ならではの、神社とは異なる厳しさというか、厳粛さがあります。

 

人が少なくて広々していましたが、お正月に参拝すると、ものすごい人出なのでしょう。お正月に、よくテレビ中継されてますもんね。

 

藤棚のところに戻ると、元は全身金ぴかであったであろうお地蔵がおられます。

水洗い地蔵といいます。

十種の福徳が授かり、特に寿命長遠の功徳があるとされております。

お詣りの折は、是非、水をかけてみてはいかがでしょうか?

 

f:id:magumagu7:20170416223208j:plain

時間の関係上、あまり隅々まで回れませんでした。

また、改めて参拝したいと思います。

 

それと、蛇足ですが、この西新井大師は関東厄除け三大師の一つですが、なんと、

「関東厄除け三大師」と「関東三大師」は別ものだそうです。

「関東厄除け三大師」は、弘法大師・空海を祀る真言宗お寺で、西新井大師、川崎大師
観福寺大師堂の三大師を指します。

関東三大師」は、慈恵大師・良源を祀る天台宗お寺で、佐野厄除け大師、青柳大師、川越大師の三大師を指します。

 

知らなかった~

 

西新井大師(正式名:五智山遍照院總持寺)

【所在地】

 〒123-0841 東京都足立区西新井1丁目1−15−1

 

【交通アクセス】

電車:

東武大師線大師前駅下車 徒歩5分

日暮里舎人ライナー 西新井大師西駅下車 徒歩20分

バス:

池袋駅東口発 都営バス 西新井駅行き 西新井大師下車(所要時間 通常40分)

王子駅発 都営バス 西新井駅行き 西新井大師下車(所要時間 通常20分)

赤羽駅東口発 国際興業バス 環七経由西新井駅行き 西新井大師下車(所要時間 通常30分)

 

【問い合わせ】

西新井大師 TEL:03-3890-2345

受付・電話対応時間 9:00~16:30

 

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

神社・お寺巡りランキング