金運UPの「一陽来復おまもり」で有名な、早稲田の穴八幡宮

一陽来復(いちようらいふく)御守」ってご存じですか?

江戸時代から続く金運アップのお守りです。

これです。

その年ごとの指定された方角に向けて、壁に貼るのです。

方角は、お守りに付いてくる説明書きに書いてあります。

昔から父の実家でも貼っていました。

期間限定で配られ、しかも貼ることができるのは、年にたった3日のみ。

どういうことかと言うと、

この御守を手に入れられるのは、1年のうち冬至~節分までの約2か月間です。

そして、御守を部屋に貼ることのできる日時は、冬至・大晦日・節分の夜中12時です。

これ、皆さん混乱されるのですが、次の日に切り替わる瞬間てことです。

つまり、大晦日の夜中12時というのは、年が切り替わるお正月の午前0時ということです。

同様に、節分の夜中12時というのは、2月3日の節分の日から切り替わる2月4日0時のことです。

儀式めいていて、ありがたみがアップするでしょ(笑)
それと、一陽来復御守は持ち歩き用として、懐中御守もあります。

僕は、財布に入れています。

一陽来復御守:800円
一陽来復懐中御守:300円

さて、そして、このお守りを、手に入れることができるのが、早稲田にある穴八幡宮です。

東京メトロ早稲田駅から、徒歩3分くらいです。

鳥居を抜け、階段を上ります。

広い境内です。

階段を登り切ったところで、入り口のほうを振り返ると、こんな感じです。

東京23区内ですと、こんなに広い境内の神社は少ないです。

階段を登りきると、目の前に門があります。

門の左側は広場のようになっていて、冬至の日は「一陽来復御守」を求める人々で長蛇の列になります。

門をくぐると右手に手水舎。

ひしゃくが無く、近寄ると自動で水が出てくるハイテクな手水舎。

手水舎から本殿に向かう途中に大黒様。

りっぱな本殿です。

狛犬もゴージャスです。

 

黒い本殿とは珍しいですね。

穴八幡宮は南側の山を切り開いているときに見つかった横穴から、金銅の御神像が現れ、それ以来『穴八幡宮』と称するようになりました。

いかにも金運に強そうな由来ですね。

また、徳川幕府の歴代将軍も参拝したことでも有名な神社です。

ご祭神は、

応神天皇(おうじんてんのう)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)
神功皇后(じんぐうこうごう)

の三柱。

関東屈指の金運に強い神社です。

穴八幡宮

【所在地】

〒162-0051 東京都新宿区西早稲田2丁目2−1−11
【交通アクセス】

東京メトロ東西線・早稲田駅 徒歩3分
【問い合わせ】
TEL:03-3203-7212


神社・お寺巡りランキング

スポンサーリンク

シェアする

フォローする