世界遺産 下鴨神社(京都)

京都の下鴨神社に行ってきました。

正式名は賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)

下鴨神社(しもがもじんじゃ)は通称だそうです。

ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されています。

まず、参道が長い。500mくらいあります。

「糺(ただす)の森」と呼ばれ、

古代の山城国の名残をとどめている自然環境で、

国史跡に指定されています。

とても気持ちのいい木々に囲まれています。

f:id:magumagu7:20170412090801j:plain

参道の先に楼門が現れます。

とても華やかですね。

重要文化財に指定されているそうです。

f:id:magumagu7:20170412090825j:plain

楼門をくぐって境内に入るとびっくり。

桜門の華やかさとは対照的に、とてもシックな色合いです。

さて、ここ下鴨神社のご祭神とご利益は、

賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと) 西殿

開運厄除・必勝・商売繁盛

玉依媛命(たまよりひめのみこと) 東殿

縁結び・安産・子宝

です。

賀茂建角身命は、古代の京都をひらかれた神さまで、

京都の守護神としてまつられています。

玉依媛命は、賀茂建角身命と夫婦神かと思ったら、

賀茂建角身命の子で、

丹塗矢(にぬりや)となって瀬見の小川を流れ下ってきた

火雷神との間に神の子(賀茂別雷命)を懐妊したそうです。

ちなみに、玉依姫という名前は、

霊の依り付く(憑りつく、とも)巫女のことをさし、

そこから「神霊の依代」を意味するもので、

固有名詞ではないそうです。

f:id:magumagu7:20170412090835j:plain

境内の真ん中にどーんと建っているこの建物は舞殿です。

これも重要文化財です。

境内の左右側には、「言社(ことしゃ)」という小さなお社が

全部で七社祀られています。

f:id:magumagu7:20170412090845j:plain

「言社(ことしゃ)」は「えとの守り神」ともいわれています。

大国主命は七つの名前を持っており、

名前ごとに祀られているので七つの社になっているといいます。

それぞれが十二支の守り神として、

また、商売繁盛の神として信仰されています。

白い立札に干支の名前が書いてありますね。

f:id:magumagu7:20170412090853j:plain

大炊殿(おおいどの)に向かう途中の門

f:id:magumagu7:20170412090901j:plain

鳥居に入ってすぐ左側にある「さざれ石」

君が代にあるように「小さな石が凝固して大きな岩になったもの」です。

f:id:magumagu7:20170412090912j:plain

最後に、参道の途中にあるお茶屋さんに立ち寄り、

まめ豆茶」と「申餅

をいただきました。美味しかった。

下鴨神社

【所在地】

〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町59

【交通アクセス】

・地下鉄烏丸線北大路駅からのバスルート

市バス1番・205番(約25分)下鴨神社前(もしくは糺ノ森前)

・京都駅からのバスルート
市バス4番・205番 下鴨神社前(もしくは糺ノ森前)

・京阪出町柳(でまちやなぎ)駅からの徒歩ルート

徒歩12分

【参拝時間】

定 休 日:なし
開閉門時間:6:30~17:00

【問い合わせ】
TEL:075-781-0010
Mail:info@shimogamo-jinja.or.jp

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

神社・お寺巡りランキング

シェアする

フォローする