やっぱり伊勢神宮は聖地だった

今日は、昨年の伊勢神宮参拝の様子を書きます。

f:id:magumagu7:20170225193633j:plain

伊勢市駅を降りると、どーんと白木の鳥居が。

伊勢神宮は外宮と内宮に分かれています

(その距離約4キロ)が、伊勢市駅が外宮の参道

に繋がっています。

伊勢市駅から外宮まで、歩いて15分くらいかな。

参道の途中で名物の伊勢うどんを食べました。

f:id:magumagu7:20170225193715j:plain

外宮の手水舎。大きい。

この隣が、「せんぐう館」というパビリオンになっていて、

実物大のお社の一部などを見学することができます。

f:id:magumagu7:20170415031753j:plain

手と口を清めた後は、鳥居を進みます。

f:id:magumagu7:20170225194016j:plain

これが外宮です。

天照大御神のお食事を司る豊受大御神(とようけのおおみかみ)

をお祀りしています。

20年に一度の式年遷宮(隣の敷地に新しいお社を建て直し)

を終えたばかりなので、ピカピカの新品です。

f:id:magumagu7:20170225194547j:plain

外宮の前にある「三つ石」。

式年遷宮の際に、お祓いを行う場所です。

パワースポットということで、手をかざしている人が多かったです。

麻生さんも総理大臣時代に、ここで手をかざして温もりを感じたとか。

f:id:magumagu7:20170225195025j:plain

内宮へ移動する前に、夫婦岩を拝んできました。

綺麗なところです。

30年くらい前にも来ているのですが、

ほとんど記憶に残っていない(笑)

f:id:magumagu7:20170225195334j:plain

いよいよ内宮です。

実際は、ここに来る前に、外宮との中間にある

猿田彦神社に寄って、吉本で芸人をやっている友達への

プレゼントに芸能のお守りを頂きました。

東京へ帰ってお守りを渡したら、

むっちゃ喜んでくれました。

猿田彦神社は、残念ながら改修中だったので、

写真は撮りませんでした。

f:id:magumagu7:20170415032030j:plain

内宮へ渡る橋の下を流れる五十鈴川。

御手洗場(みたらしば)が作られており、

この川の水で手を清めました。

f:id:magumagu7:20170225195445j:plain

内宮です。

写真を撮れるのは、この石段の下までです。

とても神聖な空気の場所です。

個人的なお願いをするようなところではないので、

「皆が幸せに暮らせますようにお守りください」

とお祈りしました。

帰りがけに神楽殿に寄ったら、

各種日本酒が奉納されていました。

壮観です。

f:id:magumagu7:20170415032456j:plain

平日なのに、とにかく人が多い。

早朝の参拝をおススメします。

あ、それと外宮をお参りしてから、内宮をお参りしましょう。

【所在地】

内宮

〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1

外宮

〒516-0042 三重県伊勢市豊川町279

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

神社・お寺巡りランキング

シェアする

フォローする