読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様とお近づきになる

実際に足を運んだ神社仏閣やパワースポットのレポートや、読んで面白かったと思う精神世界の本などを紹介。

災難を除き波を乗り切る築地・波除神社

このタイトル、まんま波除神社公式サイトのキャッチコピーです。

 

築地市場のはずれに波除神社(なみよけじんじゃ)はあります。

f:id:magumagu7:20170426111455j:plain

鳥居の両脇には、みごとな御神木の銀杏。

 

鳥居をくぐって左側に手水舎。

しかし、ドーンと獅子の顔が。

圧倒されます。

f:id:magumagu7:20170426111751j:plain

お歯黒獅子と書いてあります。

そういえば、歯が真っ黒。

獅子に圧倒されて、最初目に入らなかったのですが、

こちらは、弁財天社です。

 

そして、その向かいには、これまた立派な獅子殿が。

f:id:magumagu7:20170426112125j:plain

先ほどのお歯黒獅子とともに、日本最大の獅子頭です。

 

雌雄の二体になっています。

ということは、お歯黒のほうが雌ですね。

 

こちら、歯が金色のほうは、「天井大獅子」と呼ばれ、

高さ2.4メートル、幅3.3メートル、重さは1トン!

樹齢約三千年の大木から切り出されたそうです。

 

ちなみに、雌の大獅子「お歯黒獅子」のほうは、

高さ2.15メートル、幅2.5メートル、重さ700キロ!

 

しかも、これら獅子頭、「つきじ獅子祭」の際は、

神輿に乗って街を練り歩きます!

今年(2017年)は、6月9日(金)~11日(日)です。

 

さて、いよいよ本殿にお詣りです。

f:id:magumagu7:20170426113239j:plain

といっても、境内は広くないので、

本殿が、二体の獅子頭に挟まれているような恰好です。

 

 

ご祭神は、

倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

つまりお稲荷さんですね。

 

今から350年程前、築地一帯は一面の海でした。
現在の八重洲や日比谷(東京駅~有楽町駅付近)が埋め立てられるなか、
築地周辺は波が荒く、なかなか工事が進まなかったということです。

 

そんな中で、稲荷神の御神体が光を放ちながら海を漂ってきました。
人々は、現在の築地の地に社殿をつくり、御神体を祀りました。
すると、波風がおさまり、築地の埋め立て工事は無事に終了しました。

 

それ以来、波除神社は、災難を除き、波を乗り切るご利益があるとして、
信仰を集めています。

 

また、境内には、食品関係の商店や組合によって建立された塚が、

ずらりと並んでいます。

f:id:magumagu7:20170426114012j:plain

これは、玉子塚。

 

f:id:magumagu7:20170426114033j:plain

そして、すし塚。

 

f:id:magumagu7:20170426114114j:plain

そして、魚塚。

 

築地らしいですね。

 

築地市場が豊洲に移転したとしても、

波除神社はこの地を守り続けるそうです。

 

波除神社

【所在地】

〒104-0045 東京都中央区築地6丁目20−37

【交通アクセス】

営団日比谷線 「築地」駅 徒歩7分
都営大江戸線 「築地市場」駅 徒歩5分
都営バス 「築地6丁目」 徒歩3分

 

【問い合わせ】
TEL:03-3541-8451

(9:00~17:00)

  

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

神社・お寺巡りランキング

亀戸天神の藤まつり

4月11日に亀戸天神社のレポートをしましたが、
いよいよ藤のシーズン、亀戸天神社

藤棚も満開になったことを見計らって、
亀戸天神社の藤まつりに行ってきました。

 

平日なのに、賑わっています。
外国人観光客も多かったです。

f:id:magumagu7:20170425190212j:plain

 

境内に入ると、見事な藤棚。

f:id:magumagu7:20170425190228j:plain

 

スカイツリーと藤棚のショット。

f:id:magumagu7:20170425190331j:plain

 

亀戸だけに、亀の手水舎。

f:id:magumagu7:20170425190243j:plain

 

こちらが本殿です。

f:id:magumagu7:20170425190304j:plain

 

スカイツリーと本殿のショット。

広い境内です。

f:id:magumagu7:20170425190317j:plain

 

 境内中が藤棚だらけです。

f:id:magumagu7:20170425190353j:plain

 

なんだこれ?

「幸運を招く鷽(うそ)」とあります。

f:id:magumagu7:20170425190409j:plain

 後から調べたところによると、

「鷽(うそ)」というのは幸福を招くという鳥の名前です。

 

日本海沿岸に多く見られるスズメ科の鳥で、

漢字の「鷽(うそ)」が学問の「學」に似ているなど、

昔から天神様と縁が深いそうです。

 

よく見ると、碑のところに、こけしのような「うそ鳥」が

お供えしてありますね。

 

拡大すると...

f:id:magumagu7:20170426095351j:plain

毎年1月24日、25日の2日間、「鷽替(うそかえ)神事」が行われます。

25日は菅原道真公の生まれ日であり、亡くなられた日でもあることから

「天神様の日」として様々な神事・祭事がおこなわれます。

 

境内には、この期間限定で授けられる木製の「うそ鳥」が並び、

4cm(500円)から20cm(7000円)まで

幅広いサイズが揃っています。

前年に買った「うそ」を神社へ返納し、

新しい鷽(うそ)に「とり(鳥)」替えると、

これまでの悪い事が「嘘(うそ)」になり

吉運を招くとされています。

 

うそ鳥の隣には、「五歳の菅公」の銅像が建っています。

 

f:id:magumagu7:20170425190418j:plain

 台座には5歳の時庭前の紅梅を詠まれた和歌を刻してあります。

美しや

紅の色なる

梅の花

あこが顔にも

つけたくぞある

 

5歳で詠んだというのがすごいですね。

 

f:id:magumagu7:20170425190344j:plain

 

亀戸天神社の藤まつり

今年の開催期間は、

2017年4月15~5月7日

です。

 日没より24時まで境内の藤棚がライトアップされます。

 

亀戸天神社

【所在地】

〒136-0071 東京都江東区亀戸3丁目6番1号

 

【交通アクセス】

総武線亀戸駅下車 北口より徒歩15分
総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅下車 
北口より徒歩15分
都バス亀戸天神前下車すぐ

 

【問い合わせ】

TEL : 03-3681-0010 FAX : 03-3638-0025
MAIL : kameidotenjinsha25@almond.ocn.ne.jp

 

関連記事

いよいよ藤のシーズン、亀戸天神社

 

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

神社・お寺巡りランキング

銀座の新スポットGSIXの屋上に建つ靍護稲荷神社

銀座に4月21日にオープンしたばかりの新スポット

GSIX(ギンザシックス)に行ってきました。

 

凄い人の数です。

普段、銀座は外国人観光客ばかりですが、

今日は、久々に大量の日本人を見ました(笑)

f:id:magumagu7:20170425105932j:plain

銀座松坂屋の跡地に建っています。

デカいです。

中は、デパートというより、おしゃれな専門店の集合です。

 

吹き抜けのホールに、ドーンと飾られている

草間 彌生の「南瓜」(かぼちゃ)のオブジェ。

f:id:magumagu7:20170425110215j:plain

 

エレベータに20分くらい待って、屋上へ行きました。

f:id:magumagu7:20170425110302j:plain

開放感のある屋上です。

きっと、夜景も綺麗でしょう。

 

そして、お目当ての靍護稲荷神社(かくごいなりじんじゃ)へ。

f:id:magumagu7:20170425110540j:plain

ご祭神は、

倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

 

文化12年(1815年)に、伏見稲荷から勧請して

根岸(東京都台東区)に祀られました。

その後、昭和4年に、銀座松坂屋の屋上に移されました。

 

...と、かなり端折った説明ですが、境内の碑(写真右)によると、

以下のような由緒です。(根気のあるかたはお読みください)

「抑も当靍護大明神は今を去ること150年の昔、文化12年は如月の午の日、山城伏見の本宮より勧請して江戸の根岸の里に奉安す。爾来店主店族は素より江戸市民の深き信仰を蒐め今日に至れり。明治14年の或る夜神守の親爺は神殿附近に於いて白狐を認めたるがその跡に一巻の掛軸遺畄しあるを発見し怪しみて繙けば畏くも三州豊川稲荷大明神の尊像にてありしかば直ちにその由を店主に告げて神霊と共に奉祀して今日に及べりと伝う。大明神は霊験顯にして特に火防の神として世世附近住民の難を救はせ給へる事一再に止らず近き例に徴するも去る大正12年9月関東大震災が大正14年3月日暮里の大火に当たり既に危く見栄たるにも拘らず神域社殿は勿論松坂屋舎宅の凡べて無事なるを得たるは今尚世人の耳目に新たなる所なり。昭和4年己己の春2月18日、2の午の吉辰を卜し山王日枝神社宮司に請うて神霊を分霊し地上80尺の本館屋上に奉安して茲に遷座の式を行えり。」(昭和40年4月15日誌)

 

f:id:magumagu7:20170425112115j:plain

この靍護稲荷神社は、松坂屋の店主の一族の繁栄を

支えたお稲荷さんだったんですね。

 

靍護稲荷大神が、伏見稲荷から招かれたのは、約150年前

ですが、松坂屋の歴史はもっと古いです。

 

なんと、1611年(慶長16年)、
織田家の小姓の子孫である伊藤蘭丸祐道が、名古屋本町で
呉服小間物商「いとう呉服店」を創業したのが始まりです。
400年続いているというのは凄い!

 

また、この靍護稲荷神社は、

毎年10月下旬から11月初旬にかけて開催される

以下の銀座八丁神社めぐりの一社です。

幸稲荷神社

 銀座1-5(並木通り1丁目)

銀座稲荷神社

 銀座2-6(銀座トレシャス銀座ガス灯通り1階)

龍光不動尊

 銀座3-6(松屋銀座屋上)

朝日稲荷神社

 銀座3-8(大広朝日ビル)

宝童稲荷神社

 銀座4-3(並木館裏、または天賞堂裏の路地を入る)

銀座出世地蔵尊

 銀座4-6(銀座三越9階 銀座テラス)

歌舞伎稲荷神社

 銀座4-12-15(劇場歌舞伎座正面右側)

あづま稲荷神社

 銀座5-9(あづま通り、三原小路)

成功稲荷神社

 銀座7-5-5(資生堂銀座ビル 1Fエントランス)

豊岩稲荷神社

 銀座7-8(GINZA GREENビル裏、銀座すずらん通りから路地を入る)

 

 

靍護稲荷神社(かくごいなりじんじゃ)

【所在地】

〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10−1

G SIX / ギンザシックス屋上

 

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

神社・お寺巡りランキング

人気急上昇のパワースポット サムハラ神社(7.大阪でお札を頂く)

岡山のサムハラ神社奥の宮から東京に帰る途中、

大阪のサムハラ神社に寄りました。

 

昨年ご祈祷をしてもらったので、

今年の新しいお札をいただくためです。

 

それと、指輪守り(御神環)が手に入れば

ラッキーかなと思いました。

昨年は品切れで(というか常時品切れですが)

いつ入荷するかわからないと聞いたからです。

 

岡山県の津山から高速バスに乗り、

JR大阪駅に到着。

約3時間でした。

 

地下鉄の大阪市営四つ橋線の西梅田から本町に行き、

本町から大阪市営中央線に乗り換えて阿波座で降りました。

JR大阪駅から10分ちょっとです。

そして、阿波座駅からは徒歩5分くらい。

 

サムハラ神社はこじんまりした神社です。

f:id:magumagu7:20170423202306j:plain

 

鳥居をくぐると、すぐ左側が手水舎です。

f:id:magumagu7:20170423203244j:plain

 

そして、手水舎のすぐ先が本殿です。

f:id:magumagu7:20170423203333j:plain

 

こじんまりした、民家風の本殿です。

f:id:magumagu7:20170423203436j:plain

まず、奥の宮に参拝させていただいたことのお礼をしました。

そして、今後1年間も守護を頂けるようお願いをしました。

 

...と、お祈りをしながら気が付いたのですが、

今後の守護のお願いをするなら、

先に新しいお札とお守りを頂かなきゃと思い

社務所へ

f:id:magumagu7:20170423223951j:plain

期待していた「指輪守り」(ショーケース中段左端)は、

相変わらず品切れ。

 

結局、ショーケース最上段左端の「銭形守り」と、

ショーケース最下段右端の「木製御神札」

を授与していただきました。

 

そして、再度、本殿へ向かい、

今後一年間の守護のお願いをしました。

(お守り、お札の有効期限は1年です。)

 

「指輪守り」については、こんな張り紙が。

f:id:magumagu7:20170423224331j:plain

今回も入手できなかったか...

 

電話で問い合わせ、在庫があれば

郵送もしてもらえるそうです。

 

その他のお札やお守りの郵送もしてもらえますよ。

 

 

サムハラ神社

【所在地】

〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀2丁目5−26

 【交通アクセス】

大阪市営中央線・阿波座駅から徒歩5分

駐車場無し

 

【問い合わせ】

サムハラ神社 TEL:06-6538-2251

 

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

神社・お寺巡りランキング

 

関連記事:

 

 

人気急上昇のパワースポット サムハラ神社(6.奥の宮のその他の見どころ)

地元のタクシーの運転手さんに

サムハラ神社奥の宮の旧お社が残っている

と教えてもらったので、見てきました。

 

サムハラ神社奥の宮に隣接する

金刀比羅神社の境内を奥に進みます。

この写真の右方向です。

f:id:magumagu7:20170422092718j:plain

 

すると、パワースポットと言われている山頂公園

へ向かう小道があります。

f:id:magumagu7:20170423104409j:plain

 

よく見ると、右に行く小道と分岐になっています。

サムハラ神社奥の宮の旧お社へは

この右に小道を行きます。

f:id:magumagu7:20170423104436j:plain

 

こんな感じです。

200mほど、ずっと進んでいきます。

f:id:magumagu7:20170423104455j:plain

 

すると、左側に碑が建っている、広場のような場所

に行きつきます。

雑草などが生い茂っていて、特別な場所には見えません。

f:id:magumagu7:20170423104505j:plain

 

さらに奥に進むと、

急こう配の階段の上にお社が建っていました。

f:id:magumagu7:20170423104522j:plain

 

この階段、とても急で上りづらいです。

階段を上って、朽ちてしまっている

古いお社を拝見してきました。

もう、ここには神様がおられないに、

お賽銭がちらほら置いてありました。

f:id:magumagu7:20170423104534j:plain

足元に気をつけながら階段を下り、

先ほどの分岐まで戻ります。

 

次に目指すは、パワースポットと言われている山頂公園です。

分岐を左に上る舗装された小道を進むと、

なにやら、やぐらのようなものが見えてきました。

f:id:magumagu7:20170423104557j:plain

 

やぐらの正体は、このような展望台です。

強度的にちょっと怖い感じがしました。

f:id:magumagu7:20170423104614j:plain

 

展望台に登ると、素晴らしい見晴らしでした。

しばらく見とれていました。

これで、龍の形をした雲が浮かんでいたら、

パーフェクトだったでしょう(笑)

f:id:magumagu7:20170423104624j:plain

f:id:magumagu7:20170423111218j:plain

 

展望台を降り、山頂公園のさらに上に進みます。

といっても、この写真をとった場所が一番上なので、

山頂公園自体は、それほど大きくありません。

f:id:magumagu7:20170423104641j:plain

 

ぽつりと、お社が建っていました。

f:id:magumagu7:20170423104655j:plain

神社の名前がかすれて読みづらかったのですが、どうも

「若一神社」と書いてあるようです。

若一神社(にゃくいちじんじゃ)といえば、

京都の中心部にあり、

平家にゆかりのある開運出世の神社ですが、

ご分霊を祀ってあるのかな。

 

誰もいなかったので、

この気持ちのいい山頂で

しばし、気功のポーズをして、

この地の気を、体いっぱいに充電。

 

奥の院に来て...いや、招かれて

ほんとうに良かったです。

 

 

東京に帰る途中、大阪のサムハラ神社にも寄ったので、

次回は、そのレポートをします。

お楽しみに。

  

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

神社・お寺巡りランキング

 

関連記事:

人気急上昇のパワースポット サムハラ神社(5.奥の宮へのアクセス)

今日は、岡山県津山市の「サムハラ神社奥の宮」への、

詳細なアクセス方法を紹介いたします。

 

最寄りの駅は、JRの美作加茂(みまさくかも)駅です。

岡山からだと2時間くらいかかります。

 

駅は、こんな感じの半無人駅です。

常時人が居るわけではなく、朝とか夕方しか居ないようです。

ちなみに、電車は1時間に1本くらいです。

f:id:magumagu7:20170422133151j:plain

僕は、ここから加茂タクシー(TEL:0868-42-3020)に電話して、

タクシーを呼びました。

10分くらいで来てもらえました。

ここから、サムハラ神社奥の宮までは15分くらい、

料金は1400円くらいです。

 

 

さて、美作加茂駅から、2キロ弱のこの地点。

車や徒歩で行かれるかたなら、ここが神社への起点になります。

美作加茂駅から、この場所まで徒歩25分くらいです。

道順は単純です。駅前の通りから2回曲がればいいだけです。

 

 

このようなサムハラ神社の看板が立っています。

ここからサムハラ神社まで「1Km」と表記がありますが、

上りなので徒歩で30分くらいはかかります。

f:id:magumagu7:20170422135940j:plain

 

反対側には、金比羅神社の看板。

f:id:magumagu7:20170422140026j:plain

 

そして、この数十メートル先には、金比羅神社の鳥居があります。

f:id:magumagu7:20170422140232j:plain

鳥居をくぐった後は、ひたすら道なりに進みます。

f:id:magumagu7:20170422143428j:plain

のどかな風景です。

f:id:magumagu7:20170422145255j:plain

 

だんだん勾配がきつくなってきました。

f:id:magumagu7:20170422145343j:plain

 

すると、右に鳥居と階段が。

これは、金比羅神社への参道になっていて、金比羅神社の境内に直接入れます。

金比羅神社とサムハラ神社は隣接しているので、

徒歩のかたは、こちらを登られててもOKです。

f:id:magumagu7:20170422145429j:plain

 

さらに進むと、右に上る道がありますが、

そちらへは進まず道なりに(左カーブのほう)へ進みます。

f:id:magumagu7:20170422145635j:plain

 

すると、右側に石灯籠と、「サムハラ神社」の看板が見えます。

ここを右に入ります。

f:id:magumagu7:20170422145755j:plain

 

道路の反対側から見ると、こんな感じです。

この石灯籠の先が、金比羅神社の駐車場になっています。

お車のかたは、ここに駐車してください。

f:id:magumagu7:20170422145940j:plain

 

さらに、徒歩で進むと、石灯籠があり、道幅が狭くなっています。

f:id:magumagu7:20170422150045j:plain

 

さらに上っていきます。

f:id:magumagu7:20170422150148j:plain

 

石垣が見えてきました。石垣の上には鳥居の姿も。

ここがサムハラ神社奥の宮です。

f:id:magumagu7:20170422150210j:plain

 

いよいよサムハラ神社奥の宮まで上がってきました。

f:id:magumagu7:20170422150307j:plain

 

到着です。鳥居やお宮が新しいです。

f:id:magumagu7:20170422150347j:plain

 

いよいよお宮にご対面です。

f:id:magumagu7:20170422150427j:plain

 

手水舎が無いので、ペットボトルの水を用意していきましょう。

 

これが境内の全景です。

コンパクトでしょ。

f:id:magumagu7:20170422150754j:plain

ご覧の通りの無人社で、お札やお守りはいただけません。

お札やお守りは、大阪のサムハラ神社でいただきましょう。

 

さて、長い道中ご苦労様でした。

 

次回は、「6.奥の院のその他の見どころ」を紹介いたします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

パワースポットランキング

 

関連記事:

人気急上昇のパワースポット サムハラ神社(4.とにかく奥の宮に行ってみた)

ワタクシ東京住まいで、岡山県津山市にある「サムハラ神社奥の宮」に行く機会はないと思っていました。

 

しかし、鳥取県米子市に出張する機会があり、寄ってみることに。

 

ただし、最初は米子から30分くらいの金持神社(かもちじんじゃ)に行くつもりだったんです。

だって、金運MAXな感じの名前でしょ(笑)

 

それに、この神社の売店で売っているお菓子「棚からぼた餅」が欲しかったんです。
ウケ狙いで。
シャレが効いたネーミングじゃないですか。
オヤジギャグ的ともいいますが(汗)

 

でも、昨年、大阪のサムハラ神社にお参りして、家内安全のご祈祷まで受けて、我が家の神棚に御札をお祀りしているのです。

もちろん毎朝手を合わせています。

 

やはり、ここは「棚からぼた餅」のウケ狙いに走るのではなく、きちんとサムハラの大神様にご挨拶しなきゃと思ったのです。

 

それに我が家の金運担当は、仏壇に鎮座されている豊川稲荷のダキニ天様です。

同じ金運のお願いを、複数の神様にお願いするのは節操がないですよね。

てか、失礼になります。

 

という訳で、いざ「サムハラ神社奥の宮」へ

米子からローカル線を乗り継いで3時間。

 

美作加茂(みまさくかも)駅に着くと、

タクシーで地元の金刀比羅神社 (こんぴらじんじゃ)へ。

15分ほどで金刀比羅神社の境内に到着。

f:id:magumagu7:20170422092718j:plain

金刀比羅神社とサムハラ神社奥の宮は隣接しているのです。

徒歩1分の距離です。

 

タクシーの運転手さん曰く

「先に金刀比羅さんにお詣りしないと、金刀比羅さんが嫉妬する」

と言ってました。

 

そこで、まずは金刀比羅さんにご挨拶。

f:id:magumagu7:20170422092737j:plain

この金刀比羅神社は立派な社殿ですが、神主さんは常駐していません。

f:id:magumagu7:20170422093114j:plain

自販機もありません。

でもトイレは使えます。(←ここ重要)

 

そして、境内に4社ある末社すべてにご挨拶。

f:id:magumagu7:20170422093512j:plain

 

そして、いよいよ、金刀比羅神社から徒歩1分の「サムハラ神社奥の宮」へ。

と行きたいところですが...

 

タクシーの運転手さんから耳よりな情報をいただきました。

サムハラ神社奥の宮が、現在のお社に移転する前の古いお社があるとのこと。

そこで、まずそちらを参拝。

といっても、移転前の古いお社なので当然、神様はおられないのですが。

この辺のことは、後日、「6.奥の宮のその他の見どころ」で紹介いたします。

 

そして、今度こそ、「サムハラ神社奥の宮」へ。

f:id:magumagu7:20170422094731j:plain

金刀比羅神社からちょっと歩くと、すぐサムハラ神社奥の宮の鳥居が見えてきます。

 

さらに近づくと

f:id:magumagu7:20170422095205j:plain

これが境内の全体だってことに気づきます。

ち、小さい...

 

鳥居の脇には、待ち受け画像に使えそうな碑が。

f:id:magumagu7:20170422095452j:plain

 

鳥居をくぐると、小さなお社が一社。

こじんまりしていますが、比較的新しく綺麗です。

f:id:magumagu7:20170422095621j:plain

カップ酒を奉納して、二礼二拍手。

そして、一番スタンダードな唱え言葉

「祓え給い、清め給え、守り給い、幸(さきわ)え給え」

を三回唱え、住所と名前と年齢をお伝えした上で、

この地に招かれたことのお礼をしました。

最後に一礼。

 

なお、この奥の宮にも、金刀比羅神社にも手水舎が無いので

ペットボトルの水を持って行って、お清めに使ったほうがいいでしょう。

 

もちろん無人社です。
御守りや御札は大阪でしか受けられません。

 

龍神様に会えたらいいなぁと思って空に気を配っていたのですが、

なんとなく、龍の頭部に見えなくもない雲がぽっかり浮かんでいました。

f:id:magumagu7:20170422100902j:plain

 

 

なお、車で行かれるかたや、

美作加茂駅から徒歩で行かれるかたのために、

奥の宮への詳しい詳しい行き方を、

後日「5.奥の宮へのアクセス」でご紹介いたします。

 

また、先に書いたように、近隣にサムハラ神社奥の宮の旧社跡があるのと、

パワースポットと言われている山頂広場があるので、

6.奥の宮のその他の見どころ」で紹介いたします。

 

サムハラ神社奥の宮

〒709-3931 岡山県津山市加茂町中原900−3

 

にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

パワースポットランキング

 

関連記事: